2011年03月27日

コーディングで画面をローカライズ

うーん。3/24にPostedになっているXCODE4.0.1を1時間
かけてアップフレードしたけどローカライズはなおって
みたい。


ということで、コーディングでローカライズしてみた。

まず- (void)viewDidLoadに下記コードを追加。(ボタ
ン2個、セグメント1個)

[buttonNext setTitle:NSLocalizedString(@"Start", @"") forState:UIControlStateNormal];
[buttonAnswer setTitle:NSLocalizedString(@"Answer", @"") forState:UIControlStateNormal];
[segment setTitle:NSLocalizedString(@"Read The Clock", @"") forSegmentAtIndex:0];
[segment setTitle:NSLocalizedString(@"Set The Clock", @"") forSegmentAtIndex:1]

「@"Start"」がキーワードで実際に表示する文字列では
ない。
でもわかりやすいんで英語表記のときに表示する
文字列に合わせています。

次にProject navigatorのResourcesフォルダで右クリッ
クしNew Fileを選択肢Emptyファイルで「Localizable.
strings」という名前のファイルを作成。

そのファイルに下記のコードを記入。

"Start" = "Start";
"Answer" = "Answer";
"Read The Clock" = "Read The Clock";
"Set The Clock" = "Set The Clock";


左がキーワードで、右が実際表示する文字列。

そのファイルを選択し、File inspectorのLocalizationの
下にあるプラスボタンでJapaneseを追加すると、元のファ
イルがEnglishとJapaneseにわかれるので、Japaneseのファ
イルを下記の通り修正。

"Start" = "はじめる";
"Answer" = "こたえあわせ";
"Read The Clock" = "とけいをよむ";
"Set The Clock" = "とけいをあわせる";


これでばっちりローカライズできた。
posted by sasakyu at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ローカライズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。